パートとネット副業をやって家計を助けています

私の旦那は民藝の器を扱ったショップを開いています。全国各地の手仕事の職人を巡り、たくさんの伝統工芸品を買い付けてきては、それらをお店の棚に所狭しと陳列しています。素人の私から見ると、旦那はなかなかの目利きで、彼が選ぶものはみんな素敵な品に思えます。しかし、安価な工業生産品が大量に出回る世の中にあっては、多くのお客さまに目を向けてもらえるというわけにもなかなかいかず、そのためショップの経営状況は思わしくありません。せめて衣食住のお金だけでもなんとかせねば。私が主婦の副業を始めたのはそんな事情を抱えていたからです。

旦那の苦しいショップ経営を助けるために、私がはじめたのはインテリアショップでの接客業です。旦那の仕事の関係上、私には器や家具についての知識が多少なりともあるものですし、旦那の民藝ショップで接客をした経験もあるものですから、インテリアショップは私がパートをするには最適の場所です。土日を含めて週に5日間はこちらで働いています。社員さんには売上ノルマがあるようですが、パートの私にはそうしたプレッシャーは無縁で、割合ストレスなく仕事をやれています。パート代は月に12万円ほどでしょうか。これだけでも随分と家計の足しになっていますからありがたいことです。

しかし、私の主婦の副業はそれだけで終わりません。休日にはパソコンを使ってネット副業にも勤しんでいます。ネットでは簡単にできるお仕事が様々に募集されており、私も暇を見つけては、そうしたお仕事をコツコツとこなしているのです。作業内容はまとめ記事の作成やライティングです。仕事柄、インテリアやファッションには詳しいので、女性向けのまとめサイトや情報記事ライティングは私にうってつけの仕事です。日頃から観察したり思っていることを文章にしてお金を頂けるのですから、これも割合楽しんで作業していると言っていいと思います。こちらの収入は月に3万円ほどになります。

このような主婦の副業を営むことによって、我が家はなんとかやっていけています。いつか旦那のお店が軌道に乗る日まで、内助の功をしっかり務め上げていきたいと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ