遅まきながら株式投資をやってみた

お金を増やす方法として、株式投資に挑戦してみました。アベノミクスが始まってからかなりたちますが、株価はかなり上がっているためすでに遅きに失しているかもしれないとは思いましたが、それでもやってみました。他にもお金を増やす方法として考えたのはFXや貯金でしたが、株式投資はやりやすい感じがしていました。やってみる前に勉強することも考えたのですが、実践こそが勉強と割り切って始めたのです。

実は以前にも株式投資をしようと思ったことがあります。それはかなり前の話になりますが、いわゆるバブル経済の頃の株価が狂乱的に上昇していたころです。そのころはまだ社会人になってあまり時間が経っていなかったので、株式投資をやろうとしても初期投資の資金が絶対的に不足していたので断念したのです。そのころもしもある程度の資金を持っていればきっと株式投資を始めており、そしてバブル経済の崩壊によって大損をしたのかもしれませんし、うまく逃げることができて、大金を稼げたかもしれません。まあ、まずは大損をしていたとは思いますが。

そして、20年の月日が経って株式投資のチャンスが来たと思ってまた始めたのです。お金を増やす方法としての株式投資はギャンブルに近いという人もいますが、しっかりした考えで投資しておれば決してギャンブル的にものではありません。その証拠にニュースでは必ずと言っていいほど、株価を報道します。それに株式投資をして初めて分かったのですが、経済を知ることは世界情勢を知るということにほかならないということです。経済を知らなくては世界を知ることは不可能であると思い知りました。

経済の勉強としても株式投資は有効です。勉強させてもらった上にもしかすれば、リターンが期待できるということはお金を増やす方法としては優れているのではないでしょうか。もちろん、投資ですから損失を被ることはないではありませんが、納得しての損ならある程度我慢できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ