お金持ちの友人に頼るという方法もあります

なにげなく預金通帳を見てみたら、以前は沢山あった残高が殆ど無かったというのは普通にあり得るでしょう。そういう時は諦めて、ただひたすらに耐える他ないのかと思いがちですが、それではよくありません。栄養にならなそうなものばかり食べて、買いたい物があるのに我慢し続けるというのでは何のために生まれてきたのか分かりません。

とは言え無い物は無いのではという感じですが、そういうお金がないときに頼りになるのが友人の存在です。お金を貸してくれる程の財力がある人はそうそういないとは思うのですが、人は情けには弱い物でして、頼み込めば殆どのケースでどうにかなると思います。もちろん、持っている以上のお金は出せませんから、せいぜい数千円から数万円程度になるでしょうが、殆ど余裕がない時であればその位であっても非常に心強い存在となるはずです。

理想はお金持ちの友人にお願いする事です。あなたに何十人と知り合いがいるのであれば、そういう人だって一人くらいはいると考えるのが自然です。ちょっと百万円位貸してくれない?と駄目もとで聞いてみたらOKだったという事もあるのです。一般的な金銭感覚からすると考えられない様な事であっても、富裕層からするとそれ程大した事では無かったりします。お金がないときには、この様な人に頼る事を躊躇してはいけません。

ただし、ここで忘れてはいけないのは、しっかりと返済すべきだという事です。お金持ちなのだから、別に返さなくたって困りはしないだろうと思いますし、実際困る事はありません。しかし、金額がどうであろうと金を返さなかった人間という目で見られてしまうのは確かでしょう。

この先お金がないときに再度借りるためにも、信頼関係を壊す様な事をしてはいけません。分割払いでも良いのです。とにかく自分はお金を返す意思があるという事を示し続けて下さい。そうする事によって今後の危機の際にも助けとなってくれるはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ