クレジットカード現金化は損するだけ

ネットでクレジットカード現金化と検索をかけると、数多くの業者サイトを見つけることが出来ます。そもそもこのクレジットカード現金化というものがなんなのかと言うと、「クレジットカードのショッピング枠を現金に換える」というもので、なかなかグレーゾーンだったりします。クレジットカード会社は、こういった現金に換えるような使い方を規約で禁止している場合が多く、そのためこれが発覚した場合はクレジットカード自体を使用不可能にされてしまっても文句は言えません。この現金化の手順ですが、主に2つの手段があり現在のところ主流となっているのが「買取型」と呼ばれるタイプのものです。

この方法は、業者が用意した商品をクレジットカードで購入してそれを即座に中古として買取してもらうことで手数料分を差し引いた現金が利用者に渡るという仕組みです。一見すると利用者には手元に現金が来るわけですから非常に有り難い仕組みなのですが、実はこれほぼ詐欺と同じような手口です。この手の業者は主に換金率90%前後で行っているわけですから、仮に100万円の商品を90万円で買って貰ったとしたら、10万円が業者に渡ります。この10万円+カード会社に支払う利用料金の手数料分を合計すると、貸金法なんか軽くぶっちぎるくらいの金利へと変化してしまうのです。

しかも業者側はほぼ何のデメリットもなく、利用者だけが損をするシステムと言えますし、これによって業者側が得たカード情報などは、さらに悪用される可能性もあるわけですから、利用者側のメリットなどデメリットには遠く及びません。確かに現金が手元に来るというのは助かるでしょうが、後の事を考えれば悪手としか言えないのです。もう一つの方法である「キャッシュバック型」の現金化ですが、こちらはもうほとんど行われていません。この方法で現金化を行っていた業者がいくつも摘発され、最高裁でも有罪が確定しているため、どの業者もやってはいないのです。クレジットカード現金化にメリットなどほぼ有りませんから、やるだけ損というものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ